住宅ローンのつなぎ融資をうけて土地代や着手金を支払うことで建築が行われます。

建築予定地の土地購入が必要な場合、

住宅ローンに土地代を含めた契約を行い、

土地代金をつなぎ融資をうけて支払うことで工事が始まります。
自己資本(頭金)がある場合、

なるべくならつなぎ融資はなくす。または少なくします。

しかし、

建築予定地の土地の購入がある場合には、

纏まった金額が早期に必要となるため、

土地の支払から融資をうける必要があります。

住宅ローン契約内容に土地代を予め組み込むことで、

つなぎ融資にて土地代を支払いをすることができます。


作成したページ:家を建てる > 住宅ローンと検討と手続き

 > つなぎ融資の開始
関連記事

コメント

非公開コメント