ベイクアウト法とは、シックハウスの原因となる化学物質を揮発させることで短期間に減らす方法です。

 室内の化学物質濃度は、

 梅雨から夏にかけての高温多湿の時に多く揮発されるため、

 一夏を超えると大きく改善することが多いです。

 ベイクアウトは、同じ状態を人為的に作ることで揮発を促し

 その後の化学物質揮発量が減ることで室内環境が改善されます。
 ベイクアウト法について実際に効果があるかと聞かれると、

 室内空気を分析しているわけではないため、

 数値で表すことはできません。

 しかし、

 実際に新しい家具などを運び込んだ後に行ってみると、

 初回実施の作業中、室内は物凄い臭いが充満し、

 如何に揮発物質等で空気が汚染されているかを実感することが出来ます。

 私の実体験では作業は繰り返すことで軽減し、

 最終作業日から2日程経過すると、

 喉の痛み等の症状が明らかに軽減されました。



 紹介したページ:家を建てる > 新築住宅での生活準備 > 新築シックハウス対策

 > シックハウス対策 バーンアウト(ベイクアウト)法
関連記事

コメント

非公開コメント