新築電話の引き込みでは、インターネットの利用を含めた回線を選択します。

 新築の固定電話では、

 パソコンなどのインターネット回線をどうするかに、

 光電話とメタル回線に大きく分かれます。
 自営業等により自宅にFAXの必要性があるなど、

 特殊な場合を除き、通常では固定電話は1回線あれば事足ります。

 新築での電話の引込では、

 何れにしても回線を引き込む必要があるため、

 これまでの利用に囚われない幅広い選択肢を持つことが出来ます。

 建替えでは電話番号を引き継いだまま、

 光電話に変更することも可能であり、

 立地条件とインターネットの利用。

 料金やサービス等を含め、

 トータルで見直すことが出来ます。

 選択肢の中では、

 NTT以外の事業による

 固定電話や光電話とインターネット接続により、

 維持費を大きく見直すことも出来るかもしれません。


紹介したページ:家を建てる > 新築引き渡しまでの手続き
 > インターネット、電話の手続き
関連記事

コメント

非公開コメント