住宅ローン審査書類で売買契約書や重要事項説明書がない場合、建築確認済証と建築確認申請書で代用することができます。

 借換えのため住宅ローン審査を受けるとき、準備を始めると必要書類が不足することがあります。

 重要書類のなかには住宅を取得した経緯から当初より書類が存在していない場合もあります。

 建築から年数が経過していることから、必要書類が見当たらない場合はそのまま銀行担当者に伝え代用できる書類を準備することで審査を行うことができます。
 住宅ローンの本審査に進み、必要書類を揃えてみると足りない書類が・・・

 調べてみると当初から受け取っていないと思われる書類すらある場合も。

 手元で書類を集めれる範囲で審査書類を提出すれれば、不足書類に関しての確認があります。

 ありのまま説明すると、代替えとして書類案内を貰うことが出来ます、

 代替え等がきかない書類については、提出できない説明を行うと無い状態でも審査を行ってもらうことが出来ます。

 何事も簡単にあきらめず、やってみると意外に心配することなく審査を受けることが出来るようです。


 詳しくは、家を建てる>住宅ローンの検討と手続き

 >住宅ローン借換の方法

  >住宅ローン審査書類が揃わないとき
関連記事

コメント

非公開コメント